2015年10月20日

一枚の葉っぱ

遠くからながめる八甲田もだいぶ紅葉が進んだ。
先日行った蔦は雄大でかつ神秘的な光景を見せてくれて、それを一生懸命写真におさめたが、ふと気が付くと足元にも「秋」があった。

倒木に苔が生え、そしてその苔をベッドにしたかのような一枚の葉っぱ。
この一年を一生懸命生き、そしてその年の役目を終えて散っていった一枚の葉だが、その葉っぱにもそれぞれの時間が流れ、それぞれの物語があったのだと思った。

人間って自然を見るとき、同時に自分の人生をそこに重ねてみているかもしれないね。

DSC_9653.jpg
 
posted by Yasuji Nakano at 11:07| Comment(0) | 八甲田


写真の無断使用はご遠慮ください。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村