2015年10月24日

別世界へ

夜明けの世界はまったく違っていた。

日中見る景色と、夜明けに見る景色とでは、まるで別な場所にいるかのような錯覚を覚え、「これが同じ小川原湖か」と思ってしまう。
事実、これまで各地で開催してきた写真展に来られた方々も異口同音にそんなことを言っていた。考えてみれば夜明けの小川原湖というものは、あまり見る機会もなかったようだが、キャンプに来た方たちはこの小川原湖の夜明けに感動したと聞いたことがあった。

太陽が放つ虹の七色と、光を投げかける角度により、まったく別物が目の前に現れる。空の色も水の色も風景にも彩を変えて感動的な別世界を繰り広げる。

そしてここ小川原湖では、数多くの野鳥たちが生息している場所としても有名で、日の出とともにそれらがイキイキと元気にそして優雅に感動的なシーンを見せてくれる。

黄色味がかった太陽が湖面を赤色に染め、波は穏やかにゆらゆらと赤く優雅な光景を創り上げ、そこに水鳥たちが彼らの一日の活動を始める。
自然はそこに、人間たちがいない別世界の楽園を創りあげていた。

いい朝だ。

DSC_4642.jpg

 
タグ:夜明け
posted by Yasuji Nakano at 09:50| Comment(0) | 湖畔の夜明け


写真の無断使用はご遠慮ください。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村