2016年06月28日

輝きの素顔たち 〜 ねぶた師 竹浪比呂央氏 

ねぶた師の竹浪比呂央氏を撮影させてもらえるチャンスと巡り合った。
青森ねぶたは毎年20台を越える台数が登場し、青森の短い夏の夜に集まった観客を魅了してやまない。テレビで見るものとはまったく別物という威厳と迫力に圧倒される。


竹浪氏は数々の賞を受賞し、青森ねぶたの第一人者であることは間違い。そしてねぶたを単なる祭りだけでなく、さらに発展させ新しい美術、芸術の世界へとそのエネルギーを傾注している。


先月彼の作業場にお邪魔して作業風景を撮影させてもらいながら、時折いろいろと話しをさせてもらった。
この時に撮影した写真は残念ながらまだ公開することは出来ないが、台木に針金で形を組み、それに白い紙を貼り、そして最後に色をつけていく。

「設計図はあるのですか」
と尋ねると、一枚の下絵を見せながら
「これ一枚だけです」と。

一枚の下絵をもとにそれを頭の中で3Dの立体に起こし、ねぶたを創り上げていくという。とても私には想像すら出来ないが彼らの頭の中にはきっと壮大なドラマの世界が広がっているのかもしれない。

あと一月ちょっとで青森ねぶたが始まる。
今年はどんな感動を見せてくれるのだろうか。

今から楽しみだ。


DSC_1691.jpg

2011年竹浪比呂央氏作:「斗魁文昌星」(とかいぶんしょうせい:2011年マルハニチロ佞武多会)
 
posted by Yasuji Nakano at 16:30| Comment(0) | 輝きの素顔たち

2016年06月01日

のどかな夜明け

春先の夜明けは湖面が霞でかすむことも多く、普段目にすることない光景が現れることが多い。そんなときの太陽は優しく美しいピンク色に染まり、しばらくこの太陽の夜明けを追いかけてみた。

太陽といってもそれだけでは絵になりにくく、小川原湖を象徴するような光景を手前にして撮ろうと考え、サギも同時に追いかけてみた。自然現象相手だからなかなか思うように行かないのがこの手の撮影だ。いつもピンク色の太陽は出ないし、いつもこの場所にサギがいるとも限らない。そのため何度も通うこととなりようやく手に入れることが出来た一枚となった。

そこは、平和でのどかなシーンを創り上げていた。

_DSC7387-a2016-05-22.jpg

タグ:サギ
posted by Yasuji Nakano at 10:28| Comment(0) | 湖畔の夜明け


写真の無断使用はご遠慮ください。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村