2016年02月03日

舞い降りた雲

小川原湖を何周もしたが、高い位置から湖面を見渡すことができる場所はかなり限定される。そんな中でこの湖畔橋からの景色は数少ない高い位置からの撮影ポイントであり、たびたびカメラを向ける人たちを見かける。

一月中旬、そろそろ氷が張るころと期待してその場所に行ってみた。だが岸辺にうっすらと雪が積もっただけで、湖面はまだ凍った様子も見られず私の期待は見事に裏切られた朝だった。

そもそも風景を撮るということは、自然現象をとらえることであって、自分の思惑どおりにはいかない。自分の目の前に繰り広げられる光景の中から、自分独自に感じとった絵を作っていかなければならないという基本的なことをつい忘れてしまう。

私は気持ちを建て直して、この場所でしばらく観察することにした。
時間が流れて太陽が昇りはじめたころ、突然水面に雲のようなものが現れた。
「け嵐」だ。
そしてそれは夜明けの太陽の光を浴びてだんだんと黄金色に輝き、まるで雲が水面に舞い降りたような独特な世界を創っていった。
なかなか見ることが出来ない突然の出来事を目の前に、私は全神経を集中してその世界に浸っていた。

DSC_0737-a2.jpg

【写真説明】
2016年1月13日7時9分  東北町 小川原湖 湖畔橋
突然現れた黄金色のけ嵐。地平線が消えて湖面と空が一体となるこのシーンは、予測しなかっただけに感動も大きかった。
posted by Yasuji Nakano at 18:16| Comment(0) | 湖畔の夜明け
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。


写真の無断使用はご遠慮ください。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村