2016年02月17日

伝説の夜明け

小川原湖キャンプ場に二人の女性像がある。
野辺地町出身の彫刻家小坂圭二作「小川原湖姉妹像」で、この湖にまつわる伝説の主人公である玉代姫と勝世姫をモチーフにしたものと思われる。

この像はキャンプ場の道路沿いに位置し、人目につきやすいことからいつも通るたびに気になっていた。
「この小川原湖のシンボルをどう撮ろうか」と。

彫刻だからもちろん動かない。だからどう撮影しても同じようしか写らない。
ならば、ということで背景を変えることで、この像から受け止めるイメージが変わってくると考え、夜明けの時間帯に何度か足を運んでみることにした。

風景写真は「行ったから撮れる」という保証は何も無い。だが、行かないことには絶対撮れないことも事実。だから何度も通うしかない。

この日、着いたときは空一面が厚い雲に覆われていたが、太陽が昇るころになるとその雲も途切れて、青空が見えるようになった。しばらくすると頭の上の雲は白くドラマティックに照らされ、二人のシルエットが美しく浮かび上がった。

2月の寒空に、手の感覚が無くなるような寒い、寒い朝のことだった。

DSC_1572-a.jpg


【写真説明】
2016年2月1日 7時15分  東北町 小川原湖キャンプ場
生命感が感じられる写真になるように、光と背景さらに像のアングルと構図に悩まされ4回足を運ぶこととなった。
タグ:小川原湖
posted by Yasuji Nakano at 14:02| Comment(0) | 湖畔の夜明け
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。


写真の無断使用はご遠慮ください。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村