2015年11月10日

観察力

リンゴ園でどういう写真を撮ろうかと、あたりをずっと探しまわっていた。
こういう場所に来るとどうしてもリンゴに目が行ってしまうが、リンゴそのものを撮っても面白くないし、何かないだろうか、、、。

こういうシーンはきっと観察力が求められるのだろうね。
しばらく探していると、葉っぱとリンゴがキレイに見えるポイントを発見した。それはリンゴの樹の間から、葉っぱとリンゴがちょうど良いバランスで見える。いろいろとアングルを変えて調整してみたり、レンズを変えてみたりとしばらくこのリンゴと向き合っていた。
 
 
DSC_9859.jpg

 
posted by Yasuji Nakano at 10:02| Comment(0) | リンゴ

2015年11月09日

リンゴの葉っぱ

津軽のリンゴ畑では、ほとんど収穫を終えていたが、それでも1割ぐらいがまだ赤い実をつけたまま残っていた。
リンゴの葉っぱは紅葉しないと聞いたことがあって、収穫を終えた木でもほとんどの葉は緑色のまま。が、よくよく見ると黄色の葉っぱの木もある。
これも品種の違いかと思って聞いてみると、どうやらそうではなく木が弱っていると黄色の葉っぱとなるようだ。

写真を撮影する側からすると、そんな黄色の葉っぱが混じったほうが惹かれる。
そもそもリンゴの葉は農家さんが強制的に摘んで取ってしまうようだ。これはリンゴの実に太陽をたくさん当てるためだと聞く。だから絵になるようなリンゴはあまり見かけない。

たくさんある木から、このリンゴを選んで撮影してみた。
真っ赤なリンゴの実と葉っぱが美しかった。
 
DSC_9802.jpg

 
タグ:リンゴ
posted by Yasuji Nakano at 11:01| Comment(0) | リンゴ

2015年11月08日

津軽リンゴ撮影記

青森というと「リンゴ」というイメージかもしれないが、リンゴが栽培されているのは主に日本海側の津軽がほとんどで、太平洋側では限られた地域だけのようだ。

そのリンゴの本場である津軽は感動的だといえる。津軽富士の岩木山をのぞむ津軽平野のりんごの景色は本当に美しく、どこか懐かしい気持ちにさせてくれる。

これまでもリンゴの撮影はやってきたが、今回は今までとは違った気持ちにさせられた。気持ちが違うと撮り方も変わってくる。何がそうさせたのか自分でもよくわからないけど、やっぱり被写体や天気のせいだろうか。
また、いつもの年より遅い撮影だっただけに、葉っぱの色が違ったり、リンゴの品種も違う。今までポスターのような写真だったが、今年はガラリと気持ちを変えて向き合うことにした。
 
DSC_9890.jpg

 
posted by Yasuji Nakano at 14:36| Comment(0) | リンゴ


写真の無断使用はご遠慮ください。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村